ストック商材の考え方について | クラウンコンサルティング株式会社|セールスのプロ集団 

Web戦略・コンサルティング・販売戦略・営業代行・営業支援・営業採用でお困りの方は、気軽に相談下さい。

受付時間 9:30~18:00(平日)

ストック商材の考え方について

ストック商材の考え方について

継続的に使ってもらえる(継続的に利益が見込める)ストック商品なら、例えば単月での売上は10万円ですが、毎月1万円利益が出る商品とすると、一年通して十二ヶ月で12万。1回の稼働コストで、売上が合計で22 万円になります。
この将来利益も含め、1回の営業(稼働コスト)でどれぐらい稼いだかに注目しましょう。
ただし、このようなストックビジネスの場合、1回の営業で、この先稼動コストが発生しないのであれば、将来利益として計上しても良いのですが、将来も稼働コストが発生する場合は計上してはいけません。

営業について