営業の決裁権限の重要性 | クラウンコンサルティング株式会社|セールスのプロ集団 

Web戦略・コンサルティング・販売戦略・営業代行・営業支援・営業採用でお困りの方は、気軽に相談下さい。

受付時間 9:30~18:00(平日)

営業の決裁権限の重要性

営業の決裁権限の重要性

これらのことから、営業経験が5~6年ある中堅クラスの営業マンなら、その場で決済ができる人、もしくは、そのつもりで営業ができる人でなければなりません。社長など、決裁をする立場にある方は、話が二転三転して、何度も考えさせられるのはストレスになります。ワンストップで、交渉相手と対等に話を進められる、すべてのことを決めてサービスを提供できる営業マンでなければなりません。
私自身が営業マンだった頃は、営業先の現場で、すべて決めて帰って来ていました。今思うと、面倒な営業マンだったと思います。自分に、すべての権限があると思って営業していましたし、自分の判断が、絶対会社のためになる! と思っていたので、そうやってきました。でも、時々、そんな自分の判断が、会社にとって、不利益を与える判断であることもありました。さすがにその時は怒られます。
けれど、それはそれで、良い経験になりました。

営業について