営業の役割とは | クラウンコンサルティング株式会社|セールスのプロ集団 

Web戦略・コンサルティング・販売戦略・営業代行・営業支援・営業採用でお困りの方は、気軽に相談下さい。

受付時間 9:30~18:00(平日)

営業の役割とは

営業の役割とは

クライアントが望んだものを成果として導くことは、どんなビジネスにも求められることです。営業代行に当てはめてみると、シンプルに「成果=売上」です。
『システム』であったり、『ホームページ制作』でも、『家』でも何でも良いのですが、そこには、先に信用ベースでお金をいただくか、結果(が商品になったもの)を見て値段をつけていただくか、の違いはあれど、売上を最大限に大きくしていくことが、成果につながります。
BtoCのビジネスであれば、商品やサービス自体に魅力があることが、すなわち営業になるかもしれませんが、営業代行を主に行う営業マンには、セールストークやプレゼン資料、販売プロセスを通して、先に信用していただいてお金をいただく、という仕事が大切になってきます。
そもそも、営業とは何でしょうか。
営業とは、自分なりの言葉や表現であったり、行動であったりをコミットメントして、クライアントに代わって、エンドユーザーに価値を提供することです。そのために特に営業代行を行う営業マンは、クライアントからの絶大なる信用を得なければなりません。

営業について